オフィス用品・文具なら土田商事。アスクル(ASKUL)、スマートオフィス(smartoffice)等、コスト削減・進化型オフィス創造をご提案いたします。

     
ホーム  >  トップ  >  沿革

土田商事の沿革

大正2年3月20日 初代 土田徳太郎 創業当時、まだ、硯・筆の時代に、最先端であった万年筆を柏原裁判所長官にお買い上げ頂く。
大阪まで列車に乗って、万年筆を仕入れたと伝えられている。
駅前店跡に文房具・紙製品を主にした店舗を構える。
昭和20年8月 終戦当時、闇の商品に手を出さなかったため、販売する商品が全くなく、店の陳列台はほとんど商品がない状態だった。
昭和28年1月10日 二代目 土田徳太郎 社長就任
昭和28年7月1日 合資会社土田商事 設立 資本金600万円
昭和40年代 事務用家具分野進出
昭和50年5月19日 株式会社土田商事 設立 資本金600万円
昭和50年代 事務機器分野進出
昭和63年7月1日 土田博幸 社長就任
平成5年10月28日 バイパス店開店
平成10年1月19日 現住所に本社移転
平成10年6月 文具通販分野(アスクル)進出
平成11年9月7日 集中豪雨による洪水により浸水
平成12年11月25日 バイパス店を新・文具館に業態変換
平成13年6月8日 2000万円に増資
平成15年10月1日 ISO14001認証取得
平成16年10月20日 台風23号水害被害
平成20年1月25日 舞鶴文具株式会社と資本統合
土田商事の沿革
前
事業紹介
カテゴリートップ
TOP
次
経営理念
 
     
会社情報
pagetop